頭皮ケア

育毛剤の役割に関して

「髪の毛のボリュームが少なくなってきた」「抜け毛が増えてきた」などといった場合には、「育毛剤を使ってみようかな…」と考えられる方も少なくないでしょう。
実際、薬局に行くと「発毛・育毛」などのコーナーがあり、ところせましと育毛剤が並んでいます。
このような育毛剤に手を伸ばす前に、その役割・効能について一般的なことを知っておきましょう。

そもそも育毛剤の歴史は大変古く、5000年以上前のエジプトには既に存在していたと言われています。
そして、その役割・効能は、第一義的には現在の髪の健康を維持するということにあります。
つまり、新しい髪の毛の「発毛」ではなく、現在の髪を守ること、「育毛」が基本的な働きです。
そのため、多くの育毛剤は、髪に栄養を与えること、頭皮の血流を良好なものとして頭皮を「元気」にすること、頭皮を清潔にすることなどが主要な働きです。

薬局などで比較的安い値段で購入することができる育毛剤はこのような、髪への栄養、頭皮の血流促進、頭皮の清潔化を促す成分のものが中心となります。
しかし、さらに、一歩すすめて髪の毛を「元気にする」つまり、発毛の働きがあるものもあります。
有り体に言えば「なくなりつつある髪の毛を回復させる」というものです。
発毛の働きがある育毛剤は基本的に値段も高いhttp://www.psimalaria.org/howmuch.htmlものとなったり、利用・服用(一部服用型のタイプのものもあります)によって副作用の可能性があるなど使用にあたって慎重な利用が必要となります。

育毛剤には、日本国内で開発されたもの以外にも海外で開発されたものも非常に多くあります。
海外のものは、発毛効果が高いものが多いものの、個人輸入などの形で購入された場合には日本の薬事法の規制が働いていない場合がありますので、使用にあたってはやや慎重に使うことが大切です。
このように、髪の健康を守るという働きから、髪を「生き返らせる」させるという働きのものまでさまざまな役割の商品があります。

Copyright(C) 2013 頭皮に欠かせない対応 All Rights Reserved.