頭皮ケア

育毛剤の使い心地と使用原料に関して

育毛剤にはさまざまな種類がありますが、使用された際に頭皮に刺激があるタイプのものもあります。
シャンプー型のものなどでは、使用の際に「スーっとする」「染みるような感覚がある」というものも少なくありません。
一方でこのような刺激がないものも数多くあります。

育毛剤の使い心地と使用原料はどのような関係があるのでしょうか。
まず、使用すると「スーっとする」という感覚がある育毛剤は、主としてメントールの成分が含まれているものです。
メントールは比較的若い人向けの育毛トニック・育毛シャンプーなどの名称で販売されているものに多く含まれている傾向があります。
メントールは血行を促進させたり、抗菌の作用があるということで良い面もありますが、頭皮に対して刺激が強いため、頭皮にはあまりよくない作用をもたらす場合がありえます。
つまり、刺激に対して頭皮がガードしようとして、次第に頭皮が厚く、硬くなっていってしまう可能性があると言われます。
その結果、血管が細くなり、血行が悪くなるのではないかという指摘もあります。

メントールを使用している育毛剤は大変心地よいものですが、長く使うことでかえって頭皮に悪影響が生じる可能性があるということは注意したいポイントと言えます。
一方で低刺激の育毛剤も少なくありません。
いわば、「頭皮にやさしい」タイプということができます。
このようなタイプのものとしては、弱酸性の低刺激を「売り」としているタイプのものなどがあります。
例えば、スプレータイプですが、M―1ミストという育毛剤は非常に刺激が少なく、頭皮のケアにはとてもおすすめできるタイプのものです。

このように育毛剤の刺激は使用されている素材・使用原料によって異なることになりますが、頭皮が弱いと感じられる方は刺激性の弱いものを使用されることが良いと言えるでしょう。
育毛剤は最終的にはヘアケアhttp://www.lamplightworld.com/6.htmlが目的ですので、この目的に合致しつつ、使用感がご自身の肌にフィットするものを選ばれることが大切です。


Copyright(C) 2013 頭皮に欠かせない対応 All Rights Reserved.