頭皮ケア

育毛剤を活用して毛根細胞を活性化

毛根細胞(毛母細胞)は髪の毛を作り出し髪の健康のためにとても重要な働きをする細胞です。
この毛母細胞を活性化させるというということを通して髪を元気にするというタイプの育毛剤は数多くあります。
毛母細胞は多くの方がイメージされるかと思いますが、髪の毛を作り出す細胞、つまり「毛」の「母」となる細胞であり、その活性化は育毛にとても重要な働きをします。
毛母細胞に働きかける育毛剤としては以下のような種類のものがあります。

まず、「薬用ポリビュアEX」が毛母細胞に働きかける作用を持つ育毛剤です。
特許も取得している商品です。
特許取得成分である「バイオポリリン酸」という成分が「発毛命令」を発して、抜け毛予防と発毛促進をします。
実際の効果としては、利用モニターの85パーセントもの人が2ヶ月で育毛に成功したという驚異的な効果があります。
その商品への自信は、満足を得ることができなかった時には、全額の返金に応じる(使用後であってもOKです)という形で現れていると言えます。

次に、「リアルラゾンDX」という育毛剤も毛母細胞を活性化させるタイプです。
4億円もの開発費用と25年の研究期間を重ねて、毛母細胞の分裂活性化を促進させる働きをもつ薬剤とした、「企業努力の結晶」とも言える商品です。
実際に販売件数も100万本を超えており、広く利用されています。

その他、毛母細胞に働きかけを行うものとしては、「ウーマシャンプー」「アンジュリン」
「M-1 発毛・育毛ミスト」などがあります。
毛母細胞の弱体化はそのまま薄毛につながりますので、決して良いことはありません。
最近では医学治療としても頭皮の状態を診断してもらうこともできますから、毛母細胞が弱体化していないかどうかを検査してもらい、その上で毛母細胞活性化のための育毛剤を利用するということも効果的です。
いつまでも元気な髪の毛を維持するためには、育毛剤を活用することはとても効果がある方法ですのでおすすめです。

Copyright(C) 2013 頭皮に欠かせない対応 All Rights Reserved.