頭皮ケア

育毛剤のジェネリックに関して

薬、つまり、医薬品も最近では安いタイプのものが発売されています。
いわゆる後発医薬品(ジェネリック医薬品)と言われ、すでに販売されている医薬品と同じ成分を利用して薬品メーカーが作る医薬品のことを指します。
このジェネリック医薬品のおかげで薬を購入する際の費用を大きく抑えることが可能となります。

ところで、CMで言われるように、今は「薄毛や抜け毛は病院で治すことができる」時代です。
つまり、薬の投薬によって薄毛・抜け毛をある程度予防・解消することが可能です。
病院で投薬される育毛剤にもジェネリック医薬品はあるのでしょうか。

結論から言いますと、育毛剤にもジェネリック医薬品はあります。
代表的なジェネリック医薬品としては、フィンペシアというものがあります。

フィンペシアは、プロペシアという育毛剤のジェネリック医薬品です。
「本家」にあたるプロペシアは、フィナステリドという成分によって男性ホルモンを抑える作用があり、頭皮のヘアサイクルを正常化する働きがあります。
効果は非常に高いものであり、世界中で使用されています。
このプロペシアのジェネリック医薬品がフィンペシアとなります。

フィンペシアは基本的には、病院で処方箋を出してもらって購入することとなります。
ただ、海外から個人輸入をされたり、輸入代行業者に購入を依頼することにより購入することもできます。
病院での処方を受けたいけれど、近くにAGAの治療をしてくれる病院がないというケースや、通院にやや抵抗があるというようなケースには個人で輸入されたり、代行業者に依頼するという方法もひとつの方法です。

育毛剤は購入するとどうしても高額となってしまいますので、ジェネリック医薬品の形で安く購入することは長く服用を続けるためにはとても「賢い」方法ということができるでしょう。
フィンペシアに限らず、他にもミノキシジルなどさまざまなタイプの育毛剤でジェネリック医薬品が発売されています。

Copyright(C) 2013 頭皮に欠かせない対応 All Rights Reserved.