頭皮ケア

医薬品と医薬部外品に関して

育毛剤にはさまざまなタイプのものがあります。
その種類はさまざまな観点から分類することができますが、ひとつの分類として、「医薬品か、それとも、医薬部外品か」という観点から分類することができます。
そもそも医薬品とは、直接の医療効果があるものとして医師の処方または薬剤師の判断のもとで購入することができるものをいいます。
一方で医薬部外品は、ドラックストアなどで購入することが可能なもので、医薬品に準じる効能が期待できるものをいいます。

利用者の立場からすれば、購入のしやすさという点から違いを見出すことができます。
そして、育毛剤にも医薬品と医薬部外品が存在しています。
医薬品である育毛剤としては、例えば、プロペシアやリアップ・リアップ×5、ロゲインカロヤンシリーズなどがあります。
これらのうち、プロペシアは内服薬であり、医師の処方で利用するのが一般的です。

一方で、医薬部外品である育毛剤としては、M-1発毛育毛ミスト・薬用ポリピュアEX・濃密育毛剤BUBKAなどがあります。
医薬品と医薬部外品のうち、どちらが良いかという点については一概には結論づけることはできません。
確かに、医薬品は有名なものも多く、医師や薬剤師の判断で処方されますので、非常に安心して使用することができます。
もちろん効能も高いものとなります。

しかし、医薬部外品は、安全性や効能が落ちるかというとそのようなことはありません。
例えば、医薬部外品のうち、薬用ポリピュアEXやM-1発毛ミストなどは非常に高い効能があると「定評」があります。
そのため、育毛という点に関しては、医薬品か医薬部外品かという点はあまり重要な違いではないということができます。

重要なことはご自身の体質に合うものかどうかという点や価格の面で継続して利用し続けることが出来るかという点を考慮して育毛剤を選ぶことが重要となります。
様々な口コミや薬剤師、医師の意見を聞きつつご自身に合うものを選ばれるようにされてください。

Copyright(C) 2013 頭皮に欠かせない対応 All Rights Reserved.