頭皮ケア

育毛剤の成分で毛母細胞の働きをサポート

育毛・発毛には毛母細胞を活性化させることが必要不可欠です。
毛母細胞は、文字どおり髪の「毛」の「母」親となる細胞であり、髪の毛を作り出す上で重要な働きを済ます。
この毛母細胞がダメージを受けてしまうと薄毛、脱毛などの原因となります。
そのため、育毛・発毛においては、毛母細胞を活性化させることが非常に大切となります(なお、毛母細胞を活性化させること以外にも、頭皮の血行を促進させたり男性ホルモンの働きを弱体化させることなども重要です)

毛母細胞を活性化させるためには、育毛剤は数多くありますが(代表的なものとしては「薬用ポリビュアEX」・「リアルラゾンDX」・「M-1 発毛・育毛ミスト」など)、毛母細胞を活性化させる育毛剤には、主として以下のような成分が含まれています。
購入を検討されるにあたっては、以下のような成分が含まれているかをチェックされることがおすすめです。
まず、ペンタデカン酸グリセリドという成分です。
この成分は、毛乳頭という部分に直接作用して、エネルギーを与え、毛母細胞を強くします。

また、パントテン酸カルシウムという成分も、毛母細胞を活性化させます。
パントテン酸カルシウムは糖質などのエネルギー代謝を促して皮膚の健康に役立つ作用をもたらします。

さらに、白薬子エキスという製薬エキスが含まれていることがあります。
この白薬子エキスは中国伝統の製薬成分であり、毛母細胞を増やす働きがあります。
これらの成分に着目して育毛剤を選ばれることで毛母細胞を活性化させることにつながります。

薄毛・脱毛に対しては、毛母細胞を活性化させるとともに、頭部の血行を促進させて栄養を行き渡らせるなども重要となります。
また、ストレスなども薄毛・脱毛の大きな原因となります。
薄毛・脱毛対策はその原因をはっきりとさせて、それぞれのタイプごとにマッチする育毛剤を利用することが重要です。
薬局の窓口での相談、医師への相談などが効果的でしょう。

Copyright(C) 2013 頭皮に欠かせない対応 All Rights Reserved.