頭皮ケア

育毛剤を活用してAGA対策

AGAという言葉が浸透してきています。
AGAとは、男性型脱毛症といい、いわゆる「男性の薄毛」のことです。
AGAは若年性のものと壮年性のものとがあります。
(ありていな言い方となってしまいますが)若年性脱毛症とは、「若ハゲ」のことであり、20代から30代にかけて発症する脱毛症です。
一方で壮年性脱毛症は加齢によって髪の毛が薄くなってきてしまう症状をいい、40代から50代ころに発症するものです。
AGAはこの若年性脱毛症と壮年性脱毛症を合わせていう言葉です。

従来は、AGAは「親からの遺伝だ」「体質だからしかたない」などと理解されていました。
しかし、現在ではAGAは医療による治療の対象となっており、育毛剤によってある程度対策をすることが可能となっています。
このAGAに効果があるとされる育毛剤としては以下のようなものがあります。

代表的なものとしては、「プロペシア」があります。
プロペシアは「飲む育毛剤」http://www.list-sef.org/004supply.htmlと言われます。
つまり、服用するタイプのものです。
従来はがん治療などに用いられていましたが、育毛効果があるということから、世界中で育毛剤として使用されるようになり、世界中60ヶ国で使用されています。
プロペシアは関東を中心としたAGA治療病院で処方されており、AGAには非常に効果が高いものとされています。

他には「アボダート」という育毛剤があります。
「アボダート」も、はじめは前立腺肥大に対する治療として用いられていましたが、やはり育毛効果があるとされてAGA対策の育毛剤として使用されるようになっています。
「アダボート」は、最近ではプロペシアよりも効果が高いのではないかとも言われており、利用が広がっています。

CMなどで言われるように、AGAは現在では少しずつ治療が可能なものとなってきています。
AGA対策は適切な診断と育毛剤の投与、その他、生活習慣などさまざまな要素が組み合って効果が出ると言えます。
本気のAGA対策はやはり病院へと行かれることが効果的と言えるでしょう。

Copyright(C) 2013 頭皮に欠かせない対応 All Rights Reserved.